どのようなメンテナンスをすれば高額バイク買取をゲットできるのか?

二輪車の自転車やバイクは車両がふたつの車輪で走行するという構造上、危険性が指摘されます。

ですがそれは昔の時代のことで今は車種も多彩になって安定した走行ができる乗り物となっており、インドなどでは台数もとても多くなっています。

日本人が乗っているバイクは綺麗ですから、そういったインドへの輸出もあり比較的高額買取が期待できます。

今回は【具体的にどのようなメンテナンスをすればエンジンの状態が良くなり高額バイク買取をゲットできるのか?】を解説します。

1番目はエンジンオイルの交換です。

エンジンオイルは冷却液と潤滑油の両方の役割があります。

エンジンオイルの量が少なくなってしまったり、劣化するとよくありません。

エンジンを痛めてしまう原因となるからです。

日常的なメンテンナンスではエンジンオイルの量をチェックするとこと、劣化具合をチェックすることです。

暖機運転をしてスティックで色と量を確認すればいいでしょう。

交換時期としては半年に1回程度を目安にしてください。

2番目はスパークプラグの交換です。

混合気を点火させて爆発させる火種がプラグです。

これが劣化消耗するとエンジンが不調になります。

何かしたパワーが弱くなったとか、エンジンがかかりにくいと感じたらプラグをチェックするといいです。

1万km走ったら交換しましょう。

3番目はエアフィルターのメンテナンスです。

それほど頻繁にメンテナンスする必要はありません。

しかし汚れてしまうと空気が通りにくくなります。

劣化がひどい状態にならない程度に交換したり洗浄したりしてください。

エンジンが吸い込む空気をフィルターによって綺麗にするのがエアフィルターです。

バイク買取をしてもらおうと考えている人は、こういったフィルターにまで気を配ってメンテナンスをしましょう。