どのようなメンテナンスをすれば高額バイク買取をゲットできるのか?

二輪車の自転車やバイクは車両がふたつの車輪で走行するという構造上、危険性が指摘されます。

ですがそれは昔の時代のことで今は車種も多彩になって安定した走行ができる乗り物となっており、インドなどでは台数もとても多くなっています。

日本人が乗っているバイクは綺麗ですから、そういったインドへの輸出もあり比較的高額買取が期待できます。

今回は【具体的にどのようなメンテナンスをすればエンジンの状態が良くなり高額バイク買取をゲットできるのか?】を解説します。

1番目はエンジンオイルの交換です。

エンジンオイルは冷却液と潤滑油の両方の役割があります。

エンジンオイルの量が少なくなってしまったり、劣化するとよくありません。

エンジンを痛めてしまう原因となるからです。

日常的なメンテンナンスではエンジンオイルの量をチェックするとこと、劣化具合をチェックすることです。

暖機運転をしてスティックで色と量を確認すればいいでしょう。

交換時期としては半年に1回程度を目安にしてください。

2番目はスパークプラグの交換です。

混合気を点火させて爆発させる火種がプラグです。

これが劣化消耗するとエンジンが不調になります。

何かしたパワーが弱くなったとか、エンジンがかかりにくいと感じたらプラグをチェックするといいです。

1万km走ったら交換しましょう。

3番目はエアフィルターのメンテナンスです。

それほど頻繁にメンテナンスする必要はありません。

しかし汚れてしまうと空気が通りにくくなります。

劣化がひどい状態にならない程度に交換したり洗浄したりしてください。

エンジンが吸い込む空気をフィルターによって綺麗にするのがエアフィルターです。

バイク買取をしてもらおうと考えている人は、こういったフィルターにまで気を配ってメンテナンスをしましょう。

エンジンの状態をしっかりキープして高額バイク買取を狙う!

乗り物が快適であるのは安定的な走行ができるかどうかは大きなポイントです。

バイク買取においてはとくにこの安定的な走行ができるか、という安全面は重要になってきます。

二輪車のバイクは構造上、乗用車のように身体をカバーすることはできませんから危険性があります。

しかしながら、趣味としてバイクを走らす人は多いです。

人気の車種は中古車マーケットでも高値で買い取りしてくれます。

今回のテーマは【エンジンの状態をしっかりキープして高額バイク買取を狙う!】です。

エンジンが動くかどうか・安定したアイドリングであるかどうか・異音がないかどうかは大切なポイントになります。

これが悪いとマイナス査定になる要因になります。

走行距離は短ければ短いほど査定が良くなると思われる傾向にありますが、実際は違います。

年式の割りには走行距離が少ないバイクはメンテナンスがされておらず性能が悪くなっている場合もあります。

一概に走行距離だけでバイクのコンディションを判断することはありません。

年式に応じた理想的な走行距離であれば、走行距離の面はそれほど気にすることはありません。

しかし、エンジンに関しては自分で手入れをできません。

普段からエンジンに負担をかけない走行をしておきたいですね。

乗り物も安定しますし、事故を回避できます。

定期的なオイル交換も大切。

一週間に一回程度はエンジンをかけてあげましょう。

バイクはいい状態をキープできるのです。

エンジンをかけることでガソリンそのものの劣化によって起こるオイル下がりやキャブ詰まりを避けることができます。